多様化していくビジネスについて考えるブログです。

雇用形態の多様化と働き方への意識の変化

社会で働いていく際には、様々な雇用形態があることを知っておく必要があります。
雇用形態によって職場での待遇や賃金が異なります。
求人に応募する際には、雇用形態についてよく確認して、納得のいく条件で就職できることが望ましいです。
最近よく耳にする派遣労働も雇用形態のひとつです。
人材派遣会社に登録すると、派遣会社と労働契約を結ぶことになります。
派遣会社は契約先の企業に人材の派遣を行い、労働者は派遣先の企業の指示を受けて働きますが、賃金は派遣会社から受け取ります。
複雑な労働形態ですが、一般的な雇用形態であり、労働力として欠かせない存在になりつつあります。
契約社員も増加している雇用形態です。
正社員と異なり、1回の雇用契約について最長3年と雇用期間が決められているのが特徴です。
企業にもよりますが、契約社員の多くは、正社員と同様の業務をこなしているのですが、賃金などは正社員の方が優遇されている場合が多く、社会問題となっています。
パートタイム労働者は労働時間が正社員よりも短い労働者を指し、この条件さえ満たしていれば、アルバイトなどもこれに含まれます。
気軽にできる働き方ではありますが、パートタイム労働法という法律が適応されるので、労働者としての自覚を持って働くことが大切です。
業務委託・請負、家内労働など、会社以外で働く方法もあります。
また、最近はインターネットを活用して在宅ワークをしている方も増えており、働き方や雇用形態の多様化や変化はますます進んでいます。
労働者の保護には、それぞれの立場に考慮した対応が必要です。
正社員も含めて、それぞれの雇用形態について、国が定めた法律に基い雇用契約と実際の労働が行われます。
もし、不当な労働をさせられていると感じた場合は、労働相談などを積極的に利用し、働きやすい職場づくりに結び付けてください。
雇用主だけではなく、労働者も意識を変えていくことが、日本社会全体の雇用環境を改善していくためには必要です。